危険度が高い蜂退治はプロ業者へ依頼しよう

危険な状態を回避できる蜂退治の全て

安全を脅かす危険な蜂の生態

家の軒下などに巣を作って生息するアシナガバチですが、その生態や蜂の退治方法についてあらかじめ把握しておきましょう。

危険性は低いけど気をつけたいアシナガバチ

アシナガバチは、こちらから攻撃をしかけなければ襲ってくるなどの危険性はあまりありません。むしろ、庭の害虫を食べてくれる役目を果たしています。女王蜂が1匹で活動している春頃は巣も4~5cmと小さいのでアシナガバチ駆除を行なう際は、この時期に早急に退治するのがおすすめです。

セグロアシナガバチ
この種類は日本産のアシナガバチで、体長が2cm強~3cm弱の大きさです。木の枝などにも巣を作りますが、家の軒下に巣を作る時には壁や杭などの表面に作ることが多いです。働き蜂は初夏に羽化をし、夏になるとオスと新しい女王蜂が羽化します。巣の穴の数は200個程度になります。10月頃には、蜂が巣の表面に固まって止まっていますが、こちらから攻撃をしなければ襲ってくることはありません。
キアシナガバチ
日本産のアシナガバチの中で、攻撃性が強く刺された時の毒性も強力な蜂です。また、こちらから攻撃をしなくても、近づいただけで被害に遭うこともあります。体長はセグロアシナガバチと同様で2cm強~3cm弱程度です。こちらも木の枝や家の軒先に巣を作ることが多いですが、特に標高の低い山地や緑地の多い地域で見られます。巣の穴は300個程度であり、セグロアシナガバチの巣よりも大きくなります。
コアシナガバチ
日本産のアシナガバチの中では比較的小型で、体長は1cm強~2cm弱程度が一般的です。小型でありながら攻撃性は多少強く、退治するために近づくと被害に遭う可能性があります。木の枝や岩場、家の軒下などに蜂の巣を作り、巣の穴の数はおよそ500個に及ぶこともあります。かなり大きな巣であることや、上向きに大きく反ったような形になるのが特徴です。

早急に蜂退治をしてくれる業者に頼ろう

家の軒先などにできてしまった蜂の巣を、自分で駆除しようとすると大変危険です。そのため、蜂駆除を扱っている業者に依頼して退治してもらうのがいいでしょう。

蜂退治をしてくれる業者のサービス内容

蜂退治に関する相談
蜂退治を行なってくれる業者はそれぞれありますが、多くは24時間・365日相談に対応してくれます。このような対応をしてくれる業者なら気軽に、いつでも相談できて安心です。また、全国に拠点を持っている業者は、最寄りの事業所からすぐに駆けつけてくれて蜂を退治してくれます。
各種・蜂の退治
蜂駆除業者では、多くの種類の蜂に対応してくれます。アシナガバチ駆除はもちろんのこと、スズメバチやミツバチなど、家や街でよく見かける蜂をはじめとする蜂全般の退治を請け負ってくれるのです。群れをなしている巣の駆除だけではなく、1匹から退治を受け付けているところもあります。
蜂の巣の撤去
家の軒先だけではなく雨戸や壁の隙間などにできてしまった蜂の巣は、駆除しにくいものです。もちろん、蜂の巣は自分で処分するのは危険ですから、蜂駆除業者に依頼して巣ごと退治してもらうのがいいでしょう。プロに任せれば、駆除しにくい場所の巣も撤去してくれます。

蜂駆除業者を選ぶ時は、多くの種類の蜂に対応していることや、年中無休で対応してくれるところを選べば早急な退治ができておすすめです。  

TOPボタン
安全を脅かすアシナガバチ【早急な蜂退治はプロのサービスがおすすめ】